臨床(3)サルコイドーシス、腰痛、肩こり、猫背

50代男性 会社員

(主訴)
サルコイドーシス、腰痛、肩こり、猫背姿勢、緑内障、白内障、鼻の詰まり 

(問診)
4年前に気管切開の手術で入院。
「腰が常に重く痛みがある。背中に嫌な痛みや重さがある。呼吸が少しでも楽になれば」と来院される。

(初回検査)
まず頭蓋仙骨系の状態の検査を行い、蝶形骨の可動不全、尾骨の捻じれ、及び仙骨の全体の捻じれの存在を発見。
右足の短下肢、右仙腸関節のPI、胸郭の前方での収縮が見られ、胸椎1番の捻じれ、右肩の下がり、チャクラ5番の異常が見られる。
オステオパシーで言う「第一次呼吸(脳脊髄液の循環)の減少」、そして自由な肺呼吸が制限されている状態。
身体変化のフィードバックが異常に鈍い状態。

(施術内容及び経過)
まず頭蓋仙骨治療で、蝶形骨の固着を取り、頭蓋の動きを正常化し、仙骨部の矯正を行い、尾骨をリリース、位置を正常にし脳脊髄液の循環を改善、胸郭の緊張も除去。

筋反射テスト、鍼灸理論で、元々の原因は頭蓋仙骨系の異常によるリンパ液の流動な制限、肺機能の問題が大きいと判断。
その原因物質を取り去り、感覚神経の正常化を行い、初回の施術を終了。

猫背姿勢がその場で解消し、呼吸も安定しました。

6回目の施術の際、右下腿に針で突き刺すような強烈な痛さを訴えられる。
下腿部神経にウィルス感染。
その場でその除去を行うと、1週間続いた痛みが瞬時に取れ、「ビックリ!」されておりました。

(コメント)
その後施術を数回行いました。
腰や背中の異常も感じなくなり、楽になられています。
病院の治療で全くよくならなかった鼻や目の改善を楽しみに、毎月のメンテナンスをご希望され、来院されております。

西京区桂「ルーチェ」はこちらです!

住所:京都市西京区桂下豆田町7-20 グランド桂200号

ご予約・お問い合わせはこちらから!
電話090‐8526‐1957

メール こちらのご予約フォームよりどうぞ
※当日のご予約の場合は、直接お電話ください。

阪急京都線・嵐山線「桂駅」(西口・東口)より北へ徒歩5分

当院の地図
周辺地図を確認する

予約制なので、待ち時間なしで整体治療が受けられます。

桂駅・桂界隈にお立ち寄りの際は、是非、当整体治療院をご利用ください。