臨床(5)首・肩・腕の張り、背中の痛み

20代女性 大学院生

(主訴)
首・肩・腕の張り、背中の痛み

(問診)
首・肩に張りがあり、特に腕の張りが子供の時から尋常では無いと言います。
4年ぐらい前に頭を強打。
小学高学年の時に左手第2指を骨折。右足首靭帯を伸ばす。
背中のある部分に嫌な痛みがある。
もう慣れてしまったが、痛みが少しでも減れば、「楽器の演奏レベルがあがるのでは?」と思い来院される。

(初回検査)
まず頭蓋仙骨系の状態の検査を行い、蝶形骨の可動不全、頭蓋全体の自動運動の減少、及び仙骨の全体の捻じれの存在を発見する。
問診時に言われなかったが、右目周辺の痙攣が気になる。
肝臓の異常が見られた。
筋反射テストにより、肝系、腎系に生体異物、放射性物質の蓄積及びウィルス感染で反応。
重要な身体状態の変化のフィードバックが鋭い方であった。

(施術内容及び経過)
まず放射性物質、ウィルスを除去すると、首・肩の緊張が消失。
肝臓、腎臓の生体異物を除去をすると右目周辺の痙攣が消失。
頭蓋仙骨治療で蝶形骨の固着を取り、頭蓋の動きを正常化。
続いて仙骨部の矯正を行い、尾骨をリリース、置を正常にし脳脊髄液の循環を改善させる。
背部の痛みある関節をリリースすることで痛みが消滅。
初回の施術を終了する。

エネルギーの循環不調がその場で解消し、呼吸も安定しました。

(コメント)
右腕が棒のように張る原因は、10代に起こったある出来事による脳の誤作動が原因であることが判明し、そのトラウマを除去しました。
毎月のメンテナンスをご希望され、来院されておられます。

西京区桂「ルーチェ」はこちらです!

住所:京都市西京区桂下豆田町7-20 グランド桂200号

ご予約・お問い合わせはこちらから!
電話090‐8526‐1957

メール こちらのご予約フォームよりどうぞ
※当日のご予約の場合は、直接お電話ください。

阪急京都線・嵐山線「桂駅」(西口・東口)より北へ徒歩5分

当院の地図
周辺地図を確認する

予約制なので、待ち時間なしで整体治療が受けられます。

桂駅・桂界隈にお立ち寄りの際は、是非、当整体治療院をご利用ください。