首こりの原因

首こりの原因

「肩こり」の一言で一緒にされてしまう「首こり」ですが、実は、肩こり(僧帽筋)とは全く別の部位が原因で起きることがあります。

それが、後頭下筋群。首こりを単独で引き起こす筋肉です。
肩こりは、主に背中の僧帽筋(肩甲骨まわりから肩、首まで広い範囲で覆っている)が凝り固まることで起きますが、その僧帽筋よりも奥深くにあって頭蓋骨と首の骨をつないでいるのが、後頭下筋群になります。
パソコンやスマホを見る時などの姿勢の悪さや目の使いすぎなどで、後頭下筋群が凝り固まり、首の動きを悪くしたり、不快感を招いたりして首こりの原因になるのです。

後頭下筋群による首こりの症状としては、頭痛(片頭痛含む)や、首の後ろの上の部分の張りや痛み、首の回転や上下の動きが悪いなどがみられます。

しかしながら、実際には筋肉が凝って肩こりになっている人は少なく、もう少し色々な原因で肩こりになる「複合タイプ」の人の方が多いです。
その色々な原因として、内臓、すなわち心臓、肝臓、肺との関係が深い場合が多いです。

左の肩こり、首こり

左肩こり、左首こりの場合、「心臓」、東洋医学では「心」との関わりが強いです。
「心」にトラブルが出ると左の肩こり首こりが出やすくなり、そこのトラブルを解決しないと、いつまでも凝っているままになります。
今までの検査で心臓に指摘を受けていたり、家系的に心臓の病気が多く見られる時は、まず現代医学的な検査を優先しましょう。

右の肩こり、首こり

右肩こり、右首こりの場合、「肝臓」、東洋医学的には「肝」との関係が深い場合が多いです。
デスクワークでの目の使いすぎや、運動不足、飲食の不摂生、ストレスが大きく「肝」に影響します。
したがって、日常生活の部分も少しずつ変えていくのが重要です。
臨床的にはしっかり「肝臓」の動きを大きくするといい方向に行く事が多いです。

中京区「烏丸御池クラニオ治療院」はこちらです!

住所:京都市中京区龍池町424番地1 キョウトホーム御池ビル4階

ご予約・お問い合わせはこちらから!
電話 090‐8526‐1957

メール こちらのご予約フォームよりもどうぞ
※当日のご予約の場合は、直接お電話ください。

京都市営地下鉄(烏丸線・東西線)「烏丸御池駅」
4-1出入口を出て徒歩30秒
3-2出入口 エレベーター有り

当院の地図

予約制なので、待ち時間なしで整体治療が受けられます。

四条烏丸界隈にお立ち寄りの際は、是非、当整体治療院をご利用ください。